夏も近づいてきて薄着になる機会も多くなってきましたが、薄着になってお腹回りのお肉を気にしている人は多いと思います。

お肉がタプタプでズボンの上に乗ってしまう!!なんて嘆いている人に、今回は食事と運動で夏に向けてのダイエット方法をお伝えします。

お腹のお肉=贅肉

余分についたお肉の事を贅肉と言いますが、まさに贅沢なお肉なのです。

美味しいものを沢山食べて、運動は殆どしていない。そんな環境では贅肉が付くのは当然なのです。

贅肉は贅沢をしなければ落ちてくれます。

 

贅沢をしない=質素な生活

昔の日本人は太っている人が少なかったのです。どうして少ないのか、その理由は食生活にありました。

昔の日本人は肉を食べる文化が無かったので、野菜や魚中心の質素な食生活が殆どでした。

しかしお肉が無くても魚や卵、大豆などから必要なたんぱく質は補えていましたので、必要な栄養素は取れていました。

お肉中心の食生活から野菜や魚中心の食生活に変えるだけで、痩せる事は出来るのです。

 

良質な油を摂る

ダイエットに油は禁物と思い込んでいる人も多いかもしれませんが、油こそダイエットには必要な栄養素なのです。

特にヘンプシードオイルは必須脂肪酸を80%も含み、コレステロールや中性脂肪を下げてくれる効果があります。

 

運動をする

食事の次にダイエットで重要なのが運動です。食事制限をして摂取カロリーを抑えても痩せる事は出来ます。

しかし痩せたからと食事を元に戻すと、結果ダイエットを始める前より体重が増えてるなんて事が殆どです。

なぜリバウンドするのかはダイエット後のリバウンド防止策 3つの方法 食事・運動に記載されています。

健康的に痩せるためには食事制限だけに頼るのではなく、運動する事で基礎代謝や消費カロリーを上げ痩せやすい身体を作るのです。

 

脂肪燃焼には有酸素運動が効果あり

脂肪燃焼をさせるには有酸素運動が一番効果を期待できます。

有酸素運動とはウォーキング、ジョギング、水泳、エアロビクスなどあげられます。

運動を始めて20分過ぎてから脂肪燃焼が始まりますので、最低でも20分以上は運動するように心がけて下さい。

少しでも早く痩せたいからと無理なペースで運動をしても長続きしませんので、無理のないペースで続けていく事が大切です。

 

筋肉をつけると脂肪燃焼の効果アップ

筋肉をつける事で脂肪燃焼しやすい身体になります。

有酸素運動だけでも脂肪燃焼をしてくれますが、さらに有酸素運動の後に筋力トレーニングを行う事で、筋肉がつき基礎代謝を上げてくれます。

太もも周りの筋肉は体の中で一番大きな筋肉なので、消費カロリーを増やしたい場合はスクワットで太ももの筋肉を鍛えるのが効果的です。

 

まとめ

贅肉は美味しいものを沢山食べて、運動をしない贅沢な生活が原因で体につくお肉です。

昔ながらの野菜や魚中心の食生活に変えるだけでも贅肉は落ちてくれますが、健康的に痩せるには運動も不可欠となってきます。

無理のないペースで20分以上ウォーキングやジョギングをした後に、筋力トレーニングを行う事でリバウンドしにくい身体を作ってくれます。

またダイエットに油は禁物と思われがちですが、身体に油は不可欠な栄養素となっていますので、良質なヘンプシードオイルを摂る事をおススメします。

 

ヘンプシードオイルで生活習慣病やメタボに負けない健康で若々しい生活を過ごしてください。