コレステロールが高いと生活習慣病のリスクが高くなるのは、皆さんご存じだと思いますが、実はコレステロールが低すぎても体にとっては良くない事なのです。

今回はコレステロールが低いとどんな病気になるのか、なぜそうなるのかお伝えしていきます。

コレステロールとは

コレステロールには悪玉(LDL)コレステロールと、善玉(HDL)コレステロールの2種類があります。

悪玉(LDL)コレステロールが増えると生活習慣病の原因となり、悪いイメージがありますが、実は人の身体にとって欠かせない脂質です。

 

コレステロールは体を作っている

コレステロールはビタミンDや、男性ホルモンや女性ホルモンなどを作る材料となっています。

食事などで体内に入ってくるだけではなく、肝臓でもコレステロールは作られています。

そして、血液によってコレステロールは全身に運ばれていきます。

コレステロール値が低いのは体の異変のサイン

コレステロール値で指摘される人の多くは、悪玉コレステロール値が高いと指摘され、食事や運動などの生活習慣の改善を求められますが、中には悪玉コレステロール値が低いと指摘される人もいます。

この悪玉コレステロールが低いのは体に異変が出ているサインです。

36e75d7dfcc271f8301eaf6e32dc888e_s

コレステロール値が低下した時の体への影響

免疫力が下がる
コレステロールは免疫力にも深く関わっています。コレステロールは細胞膜を作る成分の1つで、この細胞膜がしっかりと働いている事で、免疫力が保たれています。
そのため、コレステロールが低いと免疫力が働かず、病気にかかりやすくなってしまいます。

ホルモンの分泌がされなくなる
悪玉コレステロール値が低くなると、ホルモンの材料が不足する事になりますので、ホルモンを分泌する臓器の動きが低下します。

消化・吸収が弱くなる
消化酵素の中に胆汁酸がありますが、この胆汁酸はコレステロールが材料となっています。
そのため、コレステロールが低くなると胆汁酸の量が減り、消化吸収がスムーズに行われなくなります。

コレステロール値が低くなる原因

コレステロール値は食生活によって大きく左右されます。

したがって、

・食事の量が少ない人
・長期間ダイエットをしている人
・野菜中心の食生活をしている人
・消費カロリーが摂取カロリーより多い人

はコレステロールが低い傾向にあります。

ダイエットでカロリーを気にすると栄養バランスが偏ってしまうので、栄養バランスを考え適度な運動を取り入れると良いでしょう。

コレステロールを含む食事

コレステロール値が低い人は栄養が不足していますので、肉や魚、乳製品など栄養価の高い食事を心がけて下さい。

コレステロールを多く含む食品には

・卵黄
・するめ
・煮干し
・フォアグラ
・焼きたらこ
・ショートケーキ

などがあります。

 まとめ

悪玉コレステロールは増えすぎると体にとって害になりますが、少なすぎても体の免疫機能や消化機能が十分に働かず、体にとっては悪影響となります。

コレステロール値が低いからと安心していては、知らない間に体が病に侵されているなんて事もあります。

どうやってもコレステロール値が上がらない人は病気の疑いがありますので、病院での診察をおススメします。

栄養バランスの整った食事と、適度な運動で充実した健康な毎日を過ごしてください。