最近はスーパーでも見かける事が多くなったスーパーフードですが、その中でもオメガ3を摂取するにはどの食品を選ぶといいのか?などとお悩みの方に、今回はオメガ3を摂取するのになぜヘンプシードが良いのかお伝えしていきます。

オメガ3って何?

オメガ3を含む不飽和脂肪酸は人間の体内では作り出す事ができず、食品などから摂取する必要があります。

 

オメガ3はヘンプやエゴマといった植物油脂に含まれているαリノレン酸(アルファリノレン酸)や、魚に含まれるDHAやEPAの総称です。

 

DHAやEPAはαリノレン酸をもとに体内で作り出されます。

 

オメガ3の働きは

オメガ3は血液をサラサラ にして、血液の流れをスムーズにしてくれる効果があります。

 

血栓に対しても効果があるので、血圧を下げ心疾患や脳疾患などの予防にも役立ちます。

 

さらに血液循環がよくなる事で、全身に血液がスムーズに流れます。

 

そのため冷え性の改善が期待できるのです。

 

またαリノレン酸は脂肪を燃焼してくれる働きがありますので、コレステロール値が下がり生活習慣病の予防にもなります。

 

DHAは脳細胞の栄養となる働きをしますので、脳が活性化され、記憶力の向上やうつ病、認知症の予防にも効果があると言われています。

 

ヘンプシードオイル

オメガ3は身体に良いのですが、オメガ3ばかりを摂取しても良いというものではなく、オメガ6とのバランスが大切です。

 

そのオメガ3とオメガ6ですが、WHO(世界保健機関)が推奨する対比は1:3です。

 

ヘンプシードオイルは、数あるオイルの中でも対比が1:4と、最も理想に近いオイルです。

 

またEPAやDHAは青魚に多く含まれていますので魚を食べると良いのですが、近年の海洋汚染で魚にもその汚染物質が蓄積されていると言われます。

 

その点、ヘンプシードオイルは植物性なので品質の心配をせず摂取する事ができます。

 

ヘンプシードオイルにはγリノレン酸(ガンマリノレン酸)が含まれており、アトピーの方に不足しがちなγリノレン酸を摂取することができます。

 

このγリノレン酸とαリノレン酸が同時に含まれているのはヘンプシードオイルだけです。

 

ヘンプシードオイルは摂取する事で体内から健康になり、便秘やダイエット、美肌 にも効果があります。

 

まとめ

身体にとって必要不可欠なオメガ3ですが、効率よく摂取することが大切です。

 

その点ヘンプシードオイルは欠点のないバランスの取れた食品です。

 

オメガ3を摂取するためには質の良いヘンプシードオイルをおすすめします。