ダイエットをしている時に必ず来る『停滞期』。順調に体重が減っていたのに、ここ最近は運動をしても食事制限をしても、体重が減らなくてヤル気がなくなるなんて経験をした方も多いのではないでしょうか。今回はダイエット中の停滞期の理由と対策方法をお伝えします。

なぜ停滞期が起きるのか

ダイエット中の停滞期は『ホメオスタシス機能』が原因となっています。

聞きなれない言葉ですが、日本語では『恒常性』と言って、身体の状態を一定に保つための働きの事です。

例えば運動をして体温が上がったときには汗をかいて熱を発散して熱の上昇を防ぎます。

またウイルスが体内に入ってきたときは免疫機能によってウイルスを排除しようとします。

これらはホメオスタシス機能が働いているからです。

つまりダイエットで急激に体重を落とそうとすると生命に関わる事と判断され、この機能が働いてくるのです。

ダイエット中にホメオスタシス機能が働くとどうなるの?

ダイエット中にホメオスタシス機能が働いてくると、摂取した食物から多くの栄養素を体内に蓄積して、沢山のエネルギーを消費してしまう筋肉を分解し、基礎代謝を下げてカロリー消費を抑えようとします。

消費カロリーが少なくなっているので、今までの様に運動をしても食事をしても体重が落ちにくくなるのです。

停滞期にダイエットをやめてしまうと太りやすくなる

停滞期にはいると体重が減らずモチベーションが下がってしまいがちです。

しかしここでダイエットをやめてしまうと栄養分の吸収が高くなっているので、ダイエット前より体重が増えてしまいます。

停滞期はダイエットが順調な証拠

停滞期はダイエットが順調に進んでいるからこその現象です。

体重が減らない事を不安に感じて無理な食事制限をすると、かえって身体にとっては負担になってしまいます。

この期間を過ぎると再び体重は減少していきますので、諦めずにダイエットを続ける事が大切です。

停滞期の対策方法

ダイエットをすると必ず停滞期があるものだと意識し、停滞期に入っても体重が落ちない事を不安がらず、きちんと食事をする事が大切です。

ヘンプシードオイルはダイエット中に不足しがちな栄養分を補ってくれますので、食事のサラダやみそ汁になどにかける事をおススメします。

また運動量を少しだけ増やしてみるなどの対策も有効です。

まとめ

ダイエット中の停滞期は身体のホメオスタシス機能が働いている証拠で、食事からの栄養分を体内に蓄積しやすくなり、代謝を下げてエネルギーの消費を抑えるように働きます。

停滞期はダイエットをしていれば誰にでも起こる症状です。

ヘンプシードオイルで体の調子を保ちながら、焦らずじっくりとダイエットを続けていきましょう。