ダイエットに成功して体重が減ったのに、元の体重より重くなってしまったという経験をされた方は多いと思います。ダイエットとリバウンドを繰り返していくと、痩せにくい身体になってしまいます。今回はダイエット後のリバウンドのメカニズムと、リバウンドをしないための対策をお伝えしてきます。

 

リバウンドが起こる原因

リバウンドが起こる原因は停滞期中にダイエットを止めてしまう事にあります。

ダイエットの停滞期中はホメオスタシス機能が働いていて、身体のカロリーを消費しにくく、食品からのカロリーを最大限に取り込んでしまう状態になっています。

その様な状態で運動を止めて食事を元に戻してしまうと、身体にはカロリーが蓄積された状態となってしまうので、ダイエットをする前の体重に戻るだけでなく、更に体重が増えてしまうのです。

 

リバウンドをしないためにはバランスの良い食事を

停滞期の特徴を考えると、極端な食事制限や激しい運動はダイエットにとって逆効果である事が分かります。

大切なのは1日3食バランスの良い食事を摂る事です。

停滞期は消費カロリーを抑えるために筋肉量が減る傾向にあるので、意識的にたんぱく質を摂り筋肉量を維持しましょう。

そうする事でリバウンドを抑える事ができます。

また、よく噛んで食べると満腹中枢が刺激され、少ない量でも満腹感を得る事ができ、カロリーの吸収が抑えられます。

栄養バランスを考えた食事をしていても、ダイエット中は栄養が不足しがちになり、ダイエット中に便秘になりかねません。

ダイエット中に便秘になりそうな時には、食物繊維もたっぷり入っていてダイエット中の便秘対策にも最適なヘンプシードオイルを摂取すると良いですね。

ヘンプシードオイルには、必須脂肪酸、9種類の必須アミノ酸、ビタミン、ミネラルが含まれています。

また、ヘンプシードオイルにはコレステロールが含まれていませんので安心してお使いいただけます。

ダイエットに、一日スプーン一杯のヘンプシードオイルをとり入れ、健康的なダイエットに取り組みましょう。

 

食べる順番を意識する

空腹時にはお米などの炭水化物を先に食べないように気をつけましょう。

炭水化物を先に食べてしまうと血糖値が急激に上昇します。

血糖値が上昇すると体脂肪を合成するホルモンも分泌されるので、体脂肪が増える原因になります。

炭水化物を食べる前に野菜、海藻、キノコ、豆類を摂る事により、血糖値の上昇を抑える事ができます。

そしてお肉や魚などの副菜、主食の順番に食事を摂る事をおススメします。

 

適度な運動

食事のバランスや食べる順番を意識していても、代謝の低いままではリバウンドしやすい状態に変わりありません。

ここで、適度な運動を加えると代謝が向上して脂肪燃焼しやすくなります。

有酸素運動を20分ほど行い脂肪燃焼させやすい状態にしてから、筋トレなどの無酸素運動を行う事で筋肉が付きやすくなります。

 

まとめ

ダイエットを行う上でリバウンドは必ずあるものと考え、無理な食事制限や激しい運動をするのではなく、栄養バランスの摂れた食事や食事の順番、適度な運動を行う事でダイエットに効果的なだけでなく生活習慣を見直す事ともできます。
ヘンプシードオイルをダイエット中に取り入れることでとてもバランスの取れた食生活が期待できます。