Olive oil and balsamic vinegar in glass bottles on a table in a restaurant

最近の健康ブームの中でも取り上げられる機会が多くなってきているオイル。なかでもヘンプシードオイルと亜麻仁油が似ていて違いが分からないという方が多いので、こちらで分かりやすくご紹介していきたいと思います。

オイルブーム

近頃はオイルに対する見方が少し変わってきていて、カラダにとって良い油とそうでない油があるということが多くの人に知られてきていますね。

 

その中でも、最近はオリーブオイル、ココナッツオイル、亜麻仁油、そして徐々に注目を浴びてきているヘンプシードオイルなどが美容と健康に良いとされて流行っていますね。

 

ヘンプシードオイルも亜麻仁油も、現代人に不足しているオメガ3を豊富に含んでいて、人気の高いオイルになっています。

 

オメガ3は必須脂肪酸の1つで私たちの体内で合成できないため、食事から摂取しなければならない栄養素です。その他、必須脂肪酸にオメガ6(サラダ油・ごま油等)、オメガ9(オリーブオイル・アーモンド等)があります。

 

オメガ3脂肪酸

 

オメガ3脂肪酸は私たちの体にとってすごく重要な栄養素です。

 

悪玉コレステロールを下げたり、血液をサラサラにする効果も期待できますので、血栓などの大きな病気の予防に期待できますね。

 

他にも、オメガ3は体内でα―リノレン酸をもとにDHAやEPAが合成されます。

 

DHA は魚の油に多く含まれている脂肪酸で、頭に良い油として注目されましたね。それ以外にもいろんな効果・効能があります。

・ コレステロールの低下

・ 中性脂肪の低下

・ アレルギーや炎症を抑える

・ 生活習慣病の予防

など、この他にも様々な働きをしてくれる私たちの健康のために必要なものです。

 

EPA も DHA と同じく魚の油に多く含まれていて、その効果もDHAと同じく私たちにとって非常に大事なものです。

・ 血液をサラサラにしてくれる

・ アレルギーの抑制

・ 中性脂肪を減らしてくれる

・ ダイエット効果がある

など、この他にも様々な効果があります。

 

とここまでは、ヘンプシードオイルも亜麻仁油も同じ効果なのですが、ここからこの二つのオイルの違いについてご紹介していきます。

 

1.原材料

 

hemp_seed_oil

 

根本的には、原材料が違います。

 

ヘンプシードオイルは麻の種からとれた油で、亜麻仁油は亜麻の種からとれた油のことをさします。

 

亜麻は寒い地域で栽培される植物で、日本では主に北海道で栽培されています。ヘンプ(麻)は日本では栽培が規制されているので、ヘンプシードオイルは輸入品になってしまいますので、価格もそれなりに高くなってしまいますね。

 

2.オメガ6脂肪酸

亜麻仁油には、ほとんどオメガ6脂肪酸は含まれていませんが、ヘンプシードオイルには含まれていて、その割合がWHOや厚生労働省などが推奨する 『オメガ3:オメガ6』 =1:4に非常に近い1:3の割合で含まれているオイルです。

 

自然の状態で、1:4の理想に1番近い唯一のオイルです。

 

3.γ-リノレン酸

 

bihada02

 

ヘンプシードオイルには、γ―リノレン酸という 『美肌の脂肪酸』 といわれている脂肪酸が含まれています。母乳や月見草、ボラージ草などのごくわずかな植物にしか含まれていないため、食品から摂取することは難しい貴重な脂肪酸です。

 

リノール酸をとることで体内でγ―リノレン酸に変換されますが、今の日本人の生活にはリノール酸(サラダ油など)があふれていて、かなりの摂り過ぎ傾向にあります。このリノール酸を摂り過ぎるとγ―リノレン酸に変換されるのが止まってしまい、結果γ―リノレン酸の不足になってしまいます。

 

γ―リノレン酸は私たちの肌に多く必要な成分で、これが不足すると水分の調節がうまくいかなくなり、乾燥や肌のトラブルの原因となってしまいます。

 

その他、γ―リノレン酸には

・ アトピーなどのアレルギーをおさえる

・ 中性脂肪を低下させる

・ ダイエット効果

など、様々な効果が期待できます。

 

4.必須アミノ酸

 

ヘンプシードオイルには必須アミノ酸9種類がすべて含まれています

 

アミノ酸は20種類あり、このうちの体内で作り出すことのできない9種類が必須アミノ酸になります。

 

細かく1つ1つの紹介は割愛させていただきますが、必須アミノ酸の効果には

・ 体力の回復

・ ダイエット効果

・ 免疫力を高める

・ 美肌の効果

・ 髪のパサつきをおさえる

・ ホルモンバランスを整える

など、この他にもアミノ酸はタンパク質を構成する物質なので、これが不足すると体全体に影響してきます。

 

5.ビタミン・ミネラル類

 

ヘンプシードオイルには、日本人に不足しているビタミンやミネラルも豊富に含まれています。なかでも、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅などはスプーン大さじ1杯程度で1日分を補えることができる優れものなんです。

 

さらに、ビタミンA,ビタミンC、ビタミンEも含まれていてるので、体の内側からキレイにすることをお手伝いしてくれます。

 

特にビタミンEは強い抗酸化作用をもっているので、体の中の活性酸素を中和してくれます。という事は、肌の細胞の老化防止や酸化が原因でできてしまうしみやしわの予防にも期待できるので 『美肌のビタミン』 などともいわれています。

 

この他にもビタミンEには、生活習慣病の予防やコレステロールの低下、成人病の予防、ホルモンのバランスを整える働きがあるといわれています。

 

ただし、最近の報告ではビタミンEの過剰な摂り過ぎにより、 『骨粗しょう症のリスクが高まる』 といった報告がされていたり、肌がかゆくなる、むくむ、頭痛などの症状が出ることがあるとのことなので、過剰なとり過ぎには、注意が必要ですね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

どちらもオメガ3の効果はありますが、その他に私たちに必要な栄養素を多く含んでるヘンプシードオイルが私たちの体には合ってるのかなと、私は思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

この記事が参考になったと感じた方は応援よろしくお願いします♪

↓ ↓ ↓

体質改善ダイエット ブログランキングへ