ヘンプシードオイルは美しい肌を保ちながらダイエットができるスーパーフードです。今回はスプーン一杯のヘンプシードオイルに凝縮された、美肌に欠かせない栄養素の数々について解説します。

γ‐リノレン酸、α‐リノレン酸の効果がすごい!

リノレン酸は人間の体内で作られることがない必須脂肪酸です。

 

必須脂肪酸は細胞の新陳代謝に欠かせません。

 

中でもγリノレン酸オメガ3系脂肪酸に分類され、善玉コレステロールの減少を抑えます。

 

ダイエット中は代謝が悪くなり皮膚のターンオーバーも滞りがちですが、適正量のγリノレン酸を摂取することによって肌の乾燥を防ぎ皮膚の炎症を抑制してくれます。

 

また、αリノレン酸DHAとEPAを体内で作る働きをします。

 

これらは血液をサラサラにし、中性脂肪が体内に溜まるのを防ぐ効果があります。

 

ヘンプシードオイルはオリーブオイルなどに比べ、必須脂肪酸の含有量が一番多いオイルです。

 

9種類の必須アミノ酸に加え、ビタミン、ミネラルも!

基礎代謝を上げるためには欠かせない栄養素である必須アミノ酸

 

こちらもリノレン酸同様に栄養として摂取しなければならず、なおかつ身体の中で合成することができません。

 

また、ヘンプシードオイルにはビタミンやミネラルも含まれています!

 

ビタミン、ミネラルは活性酸素を抑えてくれ、キメ細かい肌を保つ働きをします。

 

女性にとって、ホルモンバランスの乱れは大敵です。

 

ミネラルを摂ることでホルモンバランスも整えてくれるので、女性には特にありがたいですね♪

鉄、マグネシウム、亜鉛、銅の効果

鉄や銅血液を作るためには欠かせない栄養素です。

 

マグネシウム骨や歯を形成したり、亜鉛味覚を正常に保ち、皮膚や粘膜の健康を維持する働きをします。

 

ヘンプシードオイルはこれらの栄養素も大さじ1杯で補う事ができるのです。

オメガ3とオメガ6の黄金比!

オメガ3とオメガ6お肌の水分保持やバリアの役割をする細胞間脂質の材料になります。

 

WHOが推奨するオメガ3とオメガ6の理想的な比率が1:4。

 

この黄金比率に近いのがヘンプシードオイルで、その比率は1:3と自然のオイルの中では1番理想に近いオイルとなっています。

 

ヘンプシードオイルがスーパーフードと言われる理由がわかりますね。

 

コレステロール、トランス脂肪酸がゼロ

コレステロールは人間が生きていく過程で不可欠な物質ですが、血液中を循環する量が多くなってしまうと高脂血症を引き起こし、血管障害を中心とする生活習慣病の原因となってしまいます。

 

また、トランス脂肪酸はマーガリンやショートニング、サラダ油などに含まれます。

 

これらの摂取が多いと血液中の悪玉コレステロールが増えて、心臓病などのリスクが増えることになります。

 

ヘンプシードオイルには身体に悪いとされる、コレステロールやトランス脂肪酸が一切含まれておりません

 

なのでダイエット中でも安心して摂取する事ができるのです。

まとめ

いかがでしたか?

 

大さじ1杯のヘンプシードオイルで、一日に必要とされている鉄分などの栄養素を補う事ができ、また豊富な食物繊維も摂ることができます。

 

しかもコレステロールの改善に役立ちます。

 

これらの事から、ヘンプシードオイルはダイエットをしながらでも美肌を作ることができるのです。

 

ダイエット中にこそ摂取していただきたいオイル、それがヘンプシードオイルなのです。