普段何気に使っているサラダ油やマーガリン、そして美味しそうに並べられているケーキやドーナッツですが、あまり体に良くない油が使われていることをご存知ですか?マーガリンやサラダ油は植物由来の原料なので一見身体に良さそうなイメージなのですがが、今回はこれらがなぜ身体に良くないのかをお伝えします。

製造の過程でトランス脂肪酸が生成される

マーガリンやショートニング、ファットスプレッドは固形状で販売されていますが、その原料となるのは液体です。

 

この液体を固形にするために『水素添加』という加工技術があり、その加工過程でトランス脂肪酸が生成さます。

 

したがって、これらを原材料に使ったケーキやドーナツ、パンにはトランス脂肪酸が含まれていることになります。

 

サラダ油などの精製した植物油についても、臭みを除去するために高温処理を行う過程で、植物に含まれている不飽和脂肪酸からトランス脂肪酸が生成されます。

 

トランス脂肪酸が身体にとってどんな害をもたらすのか

トランス脂肪酸は善玉コレステロール(HDLコレステロール)を減少させ、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)や中性脂肪を増加させます。

 

それらは動脈硬化を引き起こす原因となります。

 

動脈硬化は『サイレントキラー』とも呼ばれており、自覚症状が殆ど無いので本人の知らない間に症状がひどくなり心疾患や脳疾患を引き起こしてしまうのです。

 

更に妊娠期や授乳期にトランス脂肪酸が含まれている物を食べると、赤ちゃんの成長に遅れが出る事も検証されています。

 

またトランス脂肪酸が原因と言われている、様々なアレルギーや疾患もあります。

 

海外では販売規制の地域も

1990年代にトランス脂肪酸が健康に深刻な問題を引き起こすと証明されてから、欧米ではトランス脂肪酸を含む油脂製品を摂取する事が、『穏やかな自殺』と言われるようになりました。

 

現在、国や地域によってはトランス脂肪酸の規制をしたり、含有量の表示が義務づけられたりしていますが、日本ではいまだに店頭に並べられているのが現状です。

 

食生活の改善を

実際にスーパーに行きお菓子やパンなどを手に取ると『ショートニング』『ファットスプレット』と原材料に記載されている商品を多く見かけます。

 

これらの商品を一切口にしないのが一番良い方法ですが、添加物で溢れる日本ではなかなか難しいですね。

 

しかし食事の改善によって善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減少させることができるのです。
最近ではトマトに含まれるリコピンが善玉コレステロールを増やす働きがある事が確認されています。

 

またこのリコピンにはビタミンEの100倍以上とも言われている抗酸化作用がありますので、体内に浄化作用をもたらします。

 

そしてヘンプシードオイルに含まれているリノール酸は、トランス脂肪酸やコレステロールが一切含まれておらず、善玉コレステロールや中性脂肪を減らしてくれる役割を持っています。

 

さらに必須アミノ酸やビタミン、鉄分などが豊富に含まれていますので、美容にも効果があります。

適度な運動を心がけて

食事の改善だけでは溜まってしまった悪玉コレステロールを減らす事はなかなかできません。

 

そこで、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を取り入れましょう。

 

適度な運動により悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やしてくれる効果があります。

 

何事も続けることが大切です。1日20分からでも継続して運動をする事で効果が得られます。

 

まとめ

身体に良いイメージがあるマーガリンやサラダ油ですが、実はトランス脂肪酸を含み悪玉コレステロールを増やしてしまう食品です。

 

悪玉コレステロールは心筋梗塞や脳梗塞の原因となります。

 

さらに動脈硬化を引き起こすなど身体にとって悪影響を及ぼします。

 

以上のことを踏まえ、食生活の見直しと適度な運動を取り入れながら、病気にならない健康な身体づくりをしていきましょう。