お味噌汁と聞いて朝食に出てくる脇役なんてイメージがありますが、ちょっとした工夫で脇役のお味噌汁が主食になり、かつ優秀なダイエット食になる事をご存知でしたか?

今回はお味噌汁がダイエットに向いている点をお伝えしていきます。

味噌は優れたダイエット食品

お味噌は畑のお肉と言われる大豆から作られた発酵食品です。

植物性たんぱく質を多く含み、昔から健康食品として知られていましたが、最近ではダイエットにも効果を発揮する成分が含まれている事が分かりました。

大豆のたんぱく質は体内でアミノ酸に分解されます。アミノ酸のロイシン、イソロイシンは脂肪燃焼効果があります。

また大豆サポニンが腸の働きを良くしてくれるほか、脂肪の吸収を抑えて、脂肪の分解や燃焼を促進する効果があります。

 

腸内環境を整える効果がある

お味噌は発酵食品ですので乳酸菌が含まれています。

乳酸菌は腸の中で善玉菌となり、悪玉菌を退治してくれます。

また味噌に含まれている大豆ペプチドは腸内環境を整えくれますので、便秘の解消に期待が持てます。

なお味噌汁にする事で胃腸に負担をかけず消化・吸収する事が出来ますし、不足しがちな水分を補う事もできます。

 

具だくさん味噌汁の効果

味噌汁に野菜やキノコ、海藻など具をたくさん入れると、満腹感を得る事が出来ます。

食材となっている野菜やキノコ、海藻類で栄養も摂る事ができますので、具だくさんの味噌汁はダイエットの効果が期待できる食べ物です。

また食事の最初に味噌汁を飲む事で、食事の量を抑える事が出来ます。

 

朝食だけでない?具だくさん味噌汁の活用方法

味噌汁と言えば朝に食べるイメージですが、具をたくさん入れる事で、昼食や夕食でもヘルシーなおかずになってくれます。

おやつの時間や小腹が空いた時でも、ワカメをたくさん入れた味噌汁は腹持ちが良く満腹感を得る事ができます。

 

具にも工夫を

具だくさんの味噌汁でダイエット効果を高めるには、具を一工夫するだけで違ってきます。

野菜中心の具でも構いませんが、もやしや豆腐、こんにゃくを使うとよりカロリーを抑える事ができますし

食元繊維の豊富なゴボウを入れると便秘の改善にも繋がります。

 

 

お味噌は大豆から出来ており、大豆は畑のお肉と言われる程たんぱく質が豊富に含まれています。

たんぱく質は健康に良いだけでなく体内でアミノ酸に分解され、アミノ酸のロイシン、イソロイシンは脂肪燃焼効果があるので、ダイエットにも効果がある事が判明しました。

また腸内環境を整えてくれますので、便秘の解消にも期待が持てます。

朝食のイメージが強い味噌汁ですが、野菜やキノコ、海藻をたくさん入れる事で昼食や夕食のメインのおかずになってくれます。

 

味噌汁の上にヘンプシードオイルを大さじ1杯かけると、お味噌の脂肪燃焼や便秘解消の効果もより期待が持てるかもしれません。

 

夏本番まであと少し、具だくさんのお味噌汁とヘンプシードオイルで、今年の夏こそ憧れボディを手に入れてみませんか??