肥満には皮下脂肪型と内臓脂肪型があります。
同じ脂肪で皮下脂肪と内臓脂肪では付く場所が違い、ダイエット方法も変わってきます。
今回は内臓脂肪と皮下脂肪の違いと、それぞれの脂肪に合ったダイエット方法をお伝えしていきます。

内臓脂肪

内臓脂肪はその名前の通り、内臓周辺につく脂肪のことです。
 
内臓脂肪は体の中につくために、身体の外からは見る事は出来ない身体の中に隠れている脂肪です。
 

内臓脂肪の特徴

内臓脂肪は血行の良い内臓周辺につきますので、脂肪がつくのも早いですが取れやすいので「普通預金」に例えられています。
 
内臓脂肪は悪玉コレステロール値を増やし、糖尿病や高血圧などの生活習慣病のリスクが高くなります。
 
この内臓脂肪は女性より男性につきやすい傾向にあります。
 

内臓脂肪型に合ったダイエット方法

内臓脂肪はつきやすく、落ちやすい脂肪で代謝によって分解されますので、食事制限や運動によって落とす事が出来ます。
 
運動も酸素を沢山使う「有酸素運動」が内臓脂肪には効果があります。
 
超簡単!ウォーキングダイエット

皮下脂肪

皮下脂肪は皮膚の下につく脂肪です。
 
皮下脂肪は皮膚の上からつまめる脂肪で、その厚さによって肥満度が分かります。
 

皮下脂肪の特徴

皮下脂肪は脂肪が長年かけて蓄積していく脂肪なので、食事制限や運動などでも中々減らない為「定期預金」と言われています。
 
皮下脂肪は内臓や子宮を冷えや外的な衝撃から守る役割を持っています。
 
その事から皮下脂肪は男性より女性につきやすいのです。
 
大切な役割を持っている皮下脂肪ですが、つき過ぎると足腰に負担がかかってきます。
 

皮下脂肪型に合ったダイエット方法

内臓脂肪に比べて代謝されにくいですが、食事制限や運動を根気よく続けることで減っていきます。
 
また皮下脂肪には有酸素運動と筋肉トレーニングを組み合わせる事で、脂肪燃焼の効果を得る事ができます。
 

内臓脂肪と皮下脂肪の違いは

内臓脂肪
・内臓の周辺につく脂肪
・脂肪は付きやすいが、落ちるのも早い
・男性は内臓脂肪が多い
・糖尿病など生活習慣病のリスクが高い
・食事制限と有酸素運動で簡単に落とす事ができる

皮下脂肪
・皮膚の下につく脂肪
・長い時間をかけて蓄積されるので、なかなか脂肪が落ちない
・女性は皮下脂肪が多い
・足腰の負担になり、腰痛や膝の痛みの原因になる
・有酸素運動と筋肉トレーニングを根気よく続けると落ちる
 
以上のような違いがあります。

まとめ

内臓脂肪や皮下脂肪も普段からの食生活や、運動不足が原因となっていますので、栄養バランスの摂れた食事を3食摂り、日頃から継続して運動する事が大切です。
 
日々の生活を見直して健康な毎日を過ごしましょう。