子どもには賢く育って欲しい。そう願い幼い頃から塾や習い事を頑張って通わせている親は沢山いると思います。

しかし、脳を成長させるには勉強だけではなく食事で摂る栄養素が重要となってきます。

今回は子どもの脳を育てる為に必要な栄養素をお伝えしていきます。

脳の60%が脂肪?

脳に必要な栄養素として糖質、たんぱく質、ビタミン、鉄分などがありますが、人間の脳の約60%が脂質で出来ています。

この事から脳の成長に必要な栄養素は質で、大きな役割をはたしている事が分かります。

その中でもDHA(ドコサヘキサエン酸)が子どもの脳の発達には欠かせない栄養素となっています。

 

DHAってなに?

DHAの正式名称はドコサヘキサエン酸で、必須脂肪酸の1つオメガ3に含まれる栄養素です。

主にマグロやイワシ、アジなどの青魚に多く含まれており、脳や網膜などの栄養素となっています。

 

摂取量が減っている!

現在の日本人のDHAの摂取量は、1日の必要摂取量の半分以下しか摂取できていないと結果が出ています。

お肉中心の食生活が増えて魚を食べる機会が少なくなっているのも原因の1つです。

1日の食卓にお魚が1品でも並ぶように工夫をしてみるのも良いかも知れません。

 

魚以外でDHAを補う方法とは?

毎日魚を食べるのは難しいと考えている方には、ヘンプシードオイルをおススメします。

ヘンプシードオイルにはオメガ3が含まれており、大人でもスプーン大さじ1杯でオメガ3の1日の必要摂取量を補う事ができます。

 

DHA以外にも優れた栄養素

ヘンプシードオイルはDHA以外にもコレステロール値を下げ、アレルギーを緩和してくれるオメガ6(リノール酸)、アトピー性皮膚炎に効果のあるガンマリノレン酸、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らしてくれるオメガ9(オレイン酸)が含まれています。

妊娠、授乳期からも摂って欲しいオイル

母乳で育つ授乳期の赤ちゃんには、お母さんが食べている栄養素が重要となってきます。

妊娠・授乳期のお母さんがヘンプシードオイルを摂る事で、母乳から赤ちゃんにDHAなどの栄養素を与える事ができます。

また、お母さんの栄養素になるだけでなく産後鬱の予防が期待できます。

 

まとめ

子どもの脳の栄養素にはDHAは不可欠です。

DHAは主に青魚から摂取する事が出来ますが、現在では魚を食べる機会が減っており、DHAの1日必要摂取量が半分以下となっています。

そこで食事にヘンプシードオイルを取り入れる事で、DHAの必要摂取量を補うだけでなく、アレルギーの緩和やアトピー性皮膚炎の緩和に効果が期待できます。

また妊娠・授乳期の赤ちゃんやお母さんにも、ヘンプシードオイルの栄養素は大切な役割を果たしてくれます。

 

ヘンプシードオイルを摂って毎日生き生きとした日々を過ごしてください。