調理に使用される油で代表的な商品がサラダ油ですが、現在ではヘンプシードオイルやオリーブオイルなど様々なオイルが店頭に並んでいますが、オイルそれぞれに特徴があり適した調理法も違ってきます。

今回は代表的なオイルの特徴と適した調理方法をお伝えしていきます。

tomatoes-2204605_640

 

 

ヘンプシードオイル

ヘンプシードオイルは麻の種子から抽出されたオイルです。必須脂肪酸が80%と多く含まれており、オメガ6とオメガ3の対比が3:1とWHOが推奨する4:1に最も近いオイルです。

オメガ3は青魚にも含まれているDHAやEPAが含まれており、コレステロールを下げたり、脳の栄養素となってくれます。

 

ヘンプシードオイルに含まれているオメガ3は熱に弱いので、熱調理には向いていません。サラダのドレッシングやスムージーに混ぜて飲むなど、熱を加えないで摂取して下さい。

オメガ3を含むその他のオイル 亜麻仁油、えごま油 など

オリーブオイル

オリーブオイルはオリーブの果実から抽出されたオイルで、熱に強く酸化しにくい性質のオメガ9を多く含んでいます。

オメガ9はLDLコレステロール値を下げるだけでなく、HDLコレステロールを増やしてくれます。心疾患や動脈硬化にも効果があり、心筋梗塞になった人々をオリーブオイルを中心とした食生活をするグループと、動物性の油を中心とした食生活をするグループに分けて調査した結果、オリーブオイル中心の食生活のグループの心筋梗塞の再発率が少なかったそうです。

またオレイン酸は小腸で消化吸収されにくいので、大腸まで届き腸を刺激し働きを活発にしてくれます。

 

 

オリーブオイルのオメガ9は熱に強いので、天ぷらなどの加熱調理に適しています。

オメガ9を含むその他のオイル 米油、菜種油など

コーン油

コーン油にはオメガ6が多く含まれています。オメガ6は悪玉コレステロールを減らす効果がありますが、同時に善玉コレステロールも減らしてしまいます。

しかしオメガ6を摂りすぎると炎症やアレルギーの原因となってしまいます。

現代の日本では食文化の欧米化が進み、オメガ6を摂り過ぎている傾向にありますので、オメガ6の摂取は極力控えた方が良いでしょう。

 

オメガ6は短時間の炒め物などの調理に向いている油です。

 

オメガ6を含むその他のオイル サフワラー油、ひまわり油など

 

まとめ

油にもそれぞれ特徴がありますので、調理方法で油を使い分けると良いでしょう。

油は体にとって不可欠な栄養素ですが、油の摂り過ぎはかえって身体に悪いので、栄養バランスを考えながら油を摂取すると良いでしょう。

また同じ油を何度も使うと油は酸化して老化を早め、病気の原因になってしまいますので、油の使いまわしは控えましょう。