omusubi

よく耳にする炭水化物ダイエットですが、間違ったやり方をしてしまったばっかりに結果がでなかった・・というような悲しい結果になるかも。ここでは、どうすればすれば成功するか紹介していきます。

炭水化物とは?

 

三大栄養素と呼ばれる『炭水化物・タンパク質・脂質』は、みなさん聞いたことあると思います。

その中の炭水化物と呼ばれる栄養素について、簡単に説明していきたいと思います。

 

炭水化物は主に体のエネルギー源となる糖質と、体内で消化されない食物繊維でできています。

 

糖質は消化吸収が早いので、脂肪にくらべて早くエネルギーに変わるという特徴があります。また、糖質は体内でブドウ糖に分解され脳のエネルギーの源になる大事な栄養素です。

 

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。どちらも消化されずに排出されますが、その過程で水溶性の方は余分な脂肪や糖質を排出してくれたり、不溶性の方は、満腹感が得られたり排便を促してくれたりと、ダイエットには欠かせない成分になります。

 

 

炭水化物抜きダイエットとは?

 

ryourisuruhito

 

糖質制限ダイエットととも言ったりしますが、基本的には、お米やパン類、麺類、根菜類を抑えて糖質の摂取量を制限して、糖質の代わりに脂肪を燃焼させて体重を減らすことです。

 

 

炭水化物抜きダイエットの注意点!

 

1.脳の唯一の栄養素!

 

tienowa

 

炭水化物は体内でブドウ糖に分解されます。このブドウ糖こそが脳の唯一の栄養になります。これが不足すると目まいがしたり、集中力が低下したり、思考能力が低下を引き起こす原因になります

 

 

2.腸内環境の悪化!

 

hukutuu

 

ダイエットや肌荒れの天敵、『便秘』になりやすくなります。炭水化物には食物繊維が含まれて便秘を解消する働きがあるのですが、もともと私たちは食物繊維が不足しがちなうえに、炭水化物を抜く事によってさらに食物繊維の摂取量が減ると、ますます出にくくなる可能性があります。

 

3.肌荒れの原因に!

 

hadaare

 

炭水化物を抜く事で、脂肪がエネルギーとして使われるようになるので、ダイエット効果があるのですが、タンパク質もエネルギー源として分解されてしまいます。

 

タンパク質は私たちの体を作っているなくてはならない栄養素です。

そのタンパク質が代謝のほうに使われてしまうと、筋肉や内臓、肌や髪の毛、爪などに栄養が十分に行き届かなくなり、肌荒れや髪のパサつき、筋肉量の低下による基礎代謝の低下、これによってリバウンドしやすい体へと変わってしまいます。

 

 

どうすればいい?

 

nayamu_josei

 

ただ単に炭水化物を抜くのは体にとって良くありません。炭水化物も人が生きていくのに必ず必要な栄養素なので、最低限は摂るようにしましょう

特に、朝とお昼はまだまだ活動する時間なので、脳への栄養が必要となるので炭水化物は抜かないほうが仕事も勉強にも支障が出ないでしょう。

抜くのであれば、夜がおススメです。

 

基本的には、

・3食たべる。

・バランスのいい食事をする。

・適度な運動をする。

・睡眠をしっかりとる。

 

現代人は食の欧米化やジャンクフードの普及によってカロリー過多の栄養不足の傾向にあります。

 

カロリーを抑えながら、栄養をしっかり摂ればキレイに痩せることができると思いませんか。糖質を抑えながらも、栄養をしっかり摂る

ここで登場するのが、スーパーフードと呼ばれるものです。

 

いろんなモノがメディア通じて入ってきますが、その中でも人間に必要な栄養素の8割があるという発芽玄米

玄米には炭水化物が含まれていますが、白米に比べてビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれて血糖値の上昇を穏やかにしてくれますし、ダイエット中にはおススメの主食になります。

 

もう一つが、ヘンプシードオイルです。

このオイルには、必須脂肪酸、9種類の必須アミノ酸、ビタミン、ミネラルが含まれていて、便通を促したりお肌の改善にといろんな働きをしてくれます。

 

ヘンプシードオイルについて、もう少し知りたい方は、エキストラバージンヘンプシードオイルが選ばれる本当の理由とは!詳しくご紹介しています。

 

まとめ

 

炭水化物は私たちにとって、必要不可欠な栄養素です。

摂り過ぎれば、脂肪となって蓄えられますが足りなければ体にいろんな支障が起こってきます。

 

低カロリーで栄養豊富なスーパーフードを摂りいれ、なおかつ適度な運動をすることで代謝を上げていけば太りにくい体に体質改善することができます。

これができれば、辛い食事制限をしなくてもするようになると思います。

 

 

この記事が参考になったと感じた方は応援よろしくお願いします♪

↓ ↓ ↓

体質改善ダイエット ブログランキングへ