心臓は人間の生命活動を維持していくためには重要な役割を持っています。その心臓が日頃の生活習慣で大きな負担がかかり、命の危険を伴う病気になってしまう場合もあります。

今回は生活習慣が原因で起きる心疾患についてお伝えしていきます。

 

心臓の役割

心臓は血液を全身に循環させる役割があります。血液は全身の細胞や組織に酸素や栄養素を運び、不要となった二酸化炭素や老廃物を回収しており、人間が生きていくうえで重要な役割を担っています。

また心臓を取り巻く血管を冠動脈と言います。

 

虚血性心疾患

虚血性心疾患とは冠動脈が動脈硬化の為に細くなる生活習慣病が原因の病気です。

心臓へ血液を送る血流が悪くなり、心筋が酸素不足や栄養不足に陥ります。

狭心症や心筋梗塞は虚血性心疾患が原因とされています。

 

狭心症

狭心症とは動脈硬化により冠動脈が細くなり、一時的に心筋への血流が不足した状態です。

胸痛や息切れ、呼吸困難などの発作が起きますが、安静にしていると自然に痛みはなくなります。

 

心筋梗塞

心筋梗塞とは冠動脈に血栓ができ、完全に詰まり心筋へ血液が行かなくなった状態です。

心筋への血流が途絶えるとその部分の心筋は壊死して、壊死の範囲が広がると心臓の機能が低下して、最悪の場合死に至ります。

症状は激しい痛みに突然襲われます。また安静にしている時や睡眠時に発作が起きる場合が多いです。

急に胸に激しい痛みを感じたのであれば、すぐに病院での受診をお勧めします。病院での診察や検査が早いほど命が助かる確率が上がります。

 

虚血性心疾患の原因

虚血性心疾患は動脈硬化が原因でおこります。動脈硬化は血管の柔軟性が失われ硬くなりもろく破れやすい状態です。

動脈硬化の原因は高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病です。またストレスや喫煙なども動脈硬化を引き起こす原因と言われています。その他にも遺伝や加齢も原因と言われています。

 

虚血性心疾患を予防する為には

虚血性神経症を引き起こす動脈硬化は生活習慣が原因となっていますので、日頃からの生活習慣を見直していく事が大切です。

 

食生活の見直し

遅い時間に食事を摂る、外食やコンビニ弁当など気軽に好きなものが食べられるなど、現代の日本人の食生活は乱れがちになっています。

本来なら野菜や魚中心の食生活を送る事が大切ですが、忙しい毎日で自炊する時間が無い人は外食やコンビニ弁当などで、サラダを一品追加すると良いでしょう。

 

運動習慣をつける

生活習慣病を改善するためにも、日頃から運動する事が大切です。

有酸素運動は血液中の血糖値やコレステロール値を下げてくれますので、無理のない程度で最低20分はウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を習慣にしていきましょう。

まとめ

心疾患には虚血性心疾患があり、血管が細くなる事で心臓に酸素や栄養が行き届かなくなります。更に狭心症や心筋梗塞など命に関わる病気の原因ともなっています。

これらの病気は日頃の生活習慣が原因となっていますので、食生活や運動習慣を見直す事が重要となってきます。

野菜中心の食生活や日頃から運動をする習慣をつけて、いつまでも若々しく健康な毎日を過ごしましょう。