現代の日本では気軽に好きな食べ物を食べる事が出来ます。
欲しい時に欲しい物を食べると言った生活習慣を送っていると、のちのち重大な病気を引き起こす可能性が高くなっています。
今回は生活習慣病の原因と予防方法をお伝えしていきます。

生活習慣病の原因

生活習慣病は毎日の食生活や運動不足、飲酒、喫煙、ストレスから起こる病気です。
主に、
高血圧
糖尿病
脂質異常症
高尿酸血症
があげられます。
生活習慣病には痛みや症状など殆どありませんので、気付いた時には命に関わる重大な病気を引き起こす可能性があります。

そのため生活習慣病は「サイレントキラー」と呼ばれています。

生活習慣病の症状

【高血圧】
高血圧は血圧が正常範囲を超えて高い状態の事を言います。
高血圧の原因は塩分の過剰摂取などの食生活や喫煙、運動不足が原因となっており脳卒中や腎不全、虚血性心疾患を引き起こす原因となっています。

【糖尿病】
糖尿病はインスリンが十分に働く事が出来ずに、ブドウ糖が蓄積され血糖値が高くなる事です。
糖尿病も原因により4種類に分けられます。
・1型糖尿病
膵臓でインスリンが作られず血糖値が高くなる。
・2型糖尿病
インスリンの分泌が少なかったり、働きが悪くなる事が原因で起こります。
現代の日本人の糖尿病患者の約9割がこの2型糖尿病と言われています。
・妊娠糖尿病
妊娠中に発症した糖質代謝異常の事を「妊娠糖尿病」と呼びます。
胎盤を作っているホルモンがインスリンの働きを抑えるので、血糖値が上昇しやすくなります。
・特定の原因によるもの
遺伝子の異常や病気や薬が原因の糖尿病

【脂質異常症】
脂質異常症は食生活の乱れや喫煙、運動不足、睡眠不足、糖尿病が原因で血中脂質が高い状態の事を言います。
食事の改善や運動習慣をつける事で改善されます。

【高尿酸血症】
高尿酸血症は血液中の尿酸の濃度が異常に高い状態の事です。
生活習慣病としては誰でも起こるもので、痛風や腎障害、尿路結成、悪性腫瘍などの原因と言われています。

生活習慣病の予防方法

生活習慣病を予防していくうえで大切なのは、現在の生活習慣を見直す事です。
食生活は勿論の事、喫煙、飲酒、運動習慣を見直す事で、生活習慣病を防ぐ事が出来ます。
またヘンプシードオイルに含まれているオメガ6やオメガ3、ガンマリノレン酸は生活習慣病の改善に期待が持てる優れたオイルです。

普段食べているサラダのドレッシングにヘンプシードオイルを10ml入れるだけで、1日の必要摂取量を補ってくれます。

まとめ

生活習慣病は高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症の事を指します。
外食やコンビニ食などで栄養が豊富になり、かつ偏ってしまう事が原因となります。
食生活のほかにも運動不足や喫煙、飲酒が原因になる事もあります。

生活習慣病を放っておくと心筋梗塞や脳卒中など、命に関わる重大な病気を招いてしまいます。
生活習慣病を予防するには現在の食生活などを改善する必要があります。

野菜中心の食生活に変える、運動量を増やすなどして病気の心配がない元気な体を手に入れましょう。