糖質以外なら何でも食べて良いから、手軽にダイエットできると話題になった、糖質制限ダイエットをご存知ですか?

しかし糖質制限ダイエットは1つ間違えると、太りやすい体質になるだけでなく、重大な病気を引き起こす原因となります。

今回は糖質制限ダイエットについてお伝えしていきます。

bread-587597_1280

糖質とは

三大栄養素の「炭水化物」、「たんぱく質」、「脂質」のうち炭水化物に含まれているのが、糖質制限ダイエットの糖質です。

炭水化物は消化吸収されてエネルギーになる糖質と、消化吸収されない食物繊維があります。

糖質は米、パン、麺に含まれる「でんぷん」、果物に含まれる「果糖」、砂糖に含まれる「しょ糖」があります。

 

 

糖質制限とは

糖尿病患者のための食事療法で医者が栄養を考えた上で、お米やパンなどの炭水化物を食べない治療法の事ですが、最近では炭水化物だけを食べず、他は好きなものを食べられる手軽さからダイエットとして、人気が出ています。

しかし、極端に炭水化物を摂らない生活をしていると、太りやすくなったり体調不良を引き起こしてしまいます。

 

糖質不足になると起こる病気のリスク

三大栄養素と言われている通り、糖質は人間が生きていくうえで大切な栄養素の1つです。

身体を動かすためのエネルギー源となり、また脳の大切な栄養源にもなっています。

長い期間糖質を摂らないでいると、身体に様々な弊害が出てきます。

 

・食元繊維の不足

イモ類や穀類、果物から得られる食元繊維が不足して、便秘になりやすい

 

・脳の機能低下

糖質がない状態が長期間続くと、集中力の低下やイライラの状態になります。

 

・ケトン体による障害

糖質が不足すると脂質がエネルギー源となりますが、その副産物としてケトン体が生産されます。ケトン体が多くなると悪心や嘔吐、最悪の場合昏睡状態に陥ります。

 

・脂肪肝になる

糖質は身体を動かす重要な栄養素で糖質が長期間不足すると、脂肪を燃焼させる栄養素が不足し、肝臓が体中から脂肪を集めてきます。その結果、肝臓に脂肪が溜まり脂肪肝を引き起こすのです。

 

・栄養バランスの乱れ

糖質を摂らない分、脂質やたんぱく質を摂る量が増え、栄養のバランスが乱れます。

栄養バランスの乱れは生活習慣病のリスクを高めてしまいます。

 

その他にも極端な糖質制限は脂肪だけでなく、筋肉も減ってしまい基礎代謝が落ちます。また脳が生命維持の危険を感じ消費エネルギーを抑え、体重を維持しようとするため痩せにくく太りやすい体質に変えてしまいます。

 

 まとめ

糖質は摂り過ぎても血糖値が上がり糖尿病などの病気を引き起こしますが、不足しても太りやすい体質になったり、病気を引き起こす原因となってしまいます。

どうしても糖質制限をしたい方は極端に糖質を制限するのではなく、普段の食事でお米の量を少し減らすなど、ほんの少しだけ糖質制限をして栄養バランスの摂れた食事を心がけて下さい。

また綺麗に痩せるために運動が不可欠となります。1日20分のウォーキングなどの有酸素運動を行うと、糖質や脂質をエネルギーとして燃焼してくれます。

 

病院で糖尿病患者に出されている糖質制限ですが、現在エビデンスが十分に揃っていない為、安全か危険かの判断は出来かねますが、一つ言える事はどの栄養素にしても摂り過ぎや、不足は体に悪い事です。栄養バランスを考え1日3回の食事をして、適度な運動を行う事がダイエットを成功させる近道です。

 

栄養バランスの摂れた食事をして健康な毎日を過ごしてください。