%e3%83%98%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab02

 

スーパーフードとして注目を浴びている、エキストラバージンヘンプシードオイル。他にも、ココナッツオイルや亜麻仁油などがありますが、なぜヘンプシードオイルが選ばれるのか、その特別で誰もが欲しくなる理由をお送りします。

 

 

ヘンプシードオイルの内容成分!

 

オメガ3系 α―リノレン酸

%e3%82%a6%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%92%e6%b8%ac%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a701

オメガ3系脂肪酸は必須脂肪酸の1つで、体内では合成されないので食事から

体内に吸収させなければいけません。

 

α―リノレン酸は、えごま油、亜麻仁油、ナッツ類、青魚などから

摂取することができ、この脂肪酸が不足すると正しく細胞が機能しない

ことが分かってきています。

 

日本人にとってかなり不足している脂肪酸なので

積極的に摂取しないといけません。

 

効果・効能

オメガ3脂肪酸には以下のような効果が期待できます。

 

アレルギー抑制

炎症を抑える働きがあるので、花粉症やアトピー性皮膚炎などの緩和

が期待できます。

 

コレステロールの低下

DHA・EPAには悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを

増やす働きがあります。

 

生活習慣病の予防

血液をサラサラにしたり、コレステロールを下げる効果があるので、

高血圧や動脈硬化、心筋梗塞などの生活習慣病の予防する働きが

期待できます。

 

中性脂肪の低下

DHAが肝臓内で働いて中性脂肪の合成を抑える

働きがあります。

 

脳の活性化・痴呆・認知症・アルツハイマー病の予防

DHAは脳に必要な栄養素以外を通過させない血液脳関門という関門を

通過でき、脳内にDHAが多くなってくると、記憶力、判断力、集中力などが

アップします。

 

ダイエット効果

オメガ3を摂取すると血液をサラサラにする効果が血行を良くしてくれます。

これが代謝をアップにつながると同時に、脂肪の燃焼を早めることがわかっています。

 

美肌効果

血流が良くなる事で肌への栄養が行き渡るので、肌のターンオーバーが

促進されシミ・シワにのも効果が期待できます。

 

 

オメガ6系 リノール酸

%e6%a4%8d%e7%89%a9%e6%b2%b901

必須脂肪酸の1つで体内で合成されないので、食事から摂る必要があります。

 

リノール酸は、サラダ油、紅花油、ごま油、グレープシードオイルなどに

多く含まれていて現代の日本では、家庭料理、外食、コンビニ、加工食品など

あらゆる場面で口にする機会が多く、かなりの摂り過ぎ傾向にあります

 

ここで1つ注意しておきたいのが、リノール酸を摂り過ぎると、善玉コレステロールを

低下させたり、アレルギー促進、血液をドロドロにする、炎症促進などの悪い

働きをしてしまうので、アトピーや花粉症などの症状の悪化を招いてしまいます。

 

普段から摂り過ぎにあるので、オメガ6系の油は出来るだけ取らないように

心掛けたほうがよいでしょう。

 

WHOや厚生労働省はオメガ3とオメガ6の比率は1:4が理想と推奨していて、

ヘンプシードオイルはその比率が1:3と自然の状態のオイルでは1番理想に近い

優れたオイルなのです。

 

 

オメガ9系 オレイン酸

%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%8901

オリーブオイル、キャノーラ油、ナッツ類(特にアーモンド)などで摂ることが出来る。

 

酸化を予防してくれるので、老化防止や肌に潤いやハリをあたえてくれます。

 

効果・効能

便秘の予防

腸に刺激を与えながら、便をやわらかくしてくれるので便秘を解消

してくれる働きがあります。

 

悪玉コレステロールを減少させる

悪玉コレステロールは減りますが、善玉コレステロールは減らさない

という特徴があります。

 

胃への負担が少ない

オレイン酸は他の油に比べて胃の滞在時間が短いので、その分胃液の分泌も

少なくなるので、胸やけや胃もたれといった症状の緩和・改善につながります。

 

美肌効果

肌に多く含まれているオレイン酸は、ハリや弾力を与えてくれるので

肌荒れやシワの改善につながります。

 

γ―リノレン酸

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93

γ―リノレン酸は母乳と月見草、ボラージ草などのごくわずかな植物にか

含まれていない貴重な物質です。

 

体内でリノール酸から変換されてγ―リノレン酸が出来ますが、リノール酸の摂り過ぎや、

アルコールや甘いものの摂り過ぎによって、γ―リノレン酸の変換が止まってしまうので

体内のγ―リノレン酸の濃度が低下してしまいます。

 

効果・効能

生活習慣病の予防

コレステロールや血糖値、血圧を下げる効果が認められています。

 

アトピー性皮膚炎の改善

γ―リノレン酸が体内で抗炎症物質に変換するので、炎症が緩和され

『かゆみ』に対して効果があることが認められている。

ヨーロッパではアトピー性皮膚炎の治療に使われています。

 

美肌効果

γ―リノレン酸には肌の細胞を正常化させる働きがあり、美肌の脂肪酸と

言われています。

 

 

良質なたんぱく質

%e5%a4%a7%e8%b1%8601

たんぱく質とは、私たちの体(筋肉、髪、つめなど)を作っています。

しかも、ヘンプシードオイルのタンパク質はすごく吸収されやすいのも

いいところです。

 

単純に脂肪を落とすだけのダイエットでは、筋肉も落ちてしまうので

脂肪を落としてるはずが、筋肉と代謝まで一緒に落としてしまいます。

 

これがどういうことかと言うと、基礎代謝の低い(リバウンドしやすい)

ただ単に細い人になってしまいます。

 

良質のたんぱく質を摂って、筋肉を付けることによって引き締まったボディーラインと、

太りにくい体を手に入れることができます。

 

 

必須アミノ酸

%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%8801

ヘンプシードオイルには、私たちに不足しがちな必須アミノ酸9種類が

すべて含まれています

 

また、ミネラルも豊富でマグネシウム・銅・鉄・亜鉛など大さじスプーン1杯

1日分を補うことができる優れものです。

 

さらに、ビタミンA、ビタミンC,ビタミンEも含まれていて、体を中から

美しく、健康にしてくれます。

ビタミンEは若返りのビタミンといわれていて、冷え性にも効きます。

 

 

まとめ

 

マーガリンやショートニングに代表されるトランス脂肪酸は

人工的に加工された油で、本来常温では固まらない植物油を動物性の油と

同じように常温でも固まるように加工された油で、コレステロールや脂肪を増加させる

油なので、出来るだけ取らないようにした方がいいですね。

 

ヘンプシードオイルには、トランス脂肪酸もコレステロールもゼロなので

安心して摂ることができますね。