%e3%83%98%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab01

 

今、注目されているスーパーフードでもあるエキストラバージンヘンプシードオイル

このオイルが他のココナッツオイルと比較して、どこがどのようにいいのか

その違いを調べてみました。

これを見れば、今までのオイルの常識を打ち破る効果に驚くはずです。

 

ヘンプシードオイルの栄養・成分とは

 

エキストラバージンヘンプシードオイル(以下この記事ではヘンプシードオイルと略します)とは

ヘンプが麻、シードが種という意味で、『麻の種のオイル』という意味です。

 

このヘンプシードオイルには、必須脂肪酸である

オメガ3とオメガ6が1:3の割合で含まれている

理想的なオイルです。

 

 

ここでは簡単に説明しますね。

 

リノール酸(血中コレステロールの低下や血圧を下げる働きがなどがあります。)

リノール酸を摂り過ぎると、アトピーやぜん息、花粉症等のアレルギーを引き起こす

リスクが高まると言われていて、生活習慣病や動脈硬化のリスクも高まると言われてるので

摂り過ぎには注意が必要です。

 

α-リノレン酸(アレルギーの予防、血栓の予防、免疫力アップ、老化の予防など)

えごま油、亜麻仁油に多く含まれていて、体内でDHAEPAがつくられます。

 

EPAは血液をサラサラにし血栓を出来にくくしたり、中性脂肪を減らす働きも

あるので生活習慣病の予防にも期待できます。

 

DHAは脳や網膜、神経系に働きかけるので、脳の活性化や視力の回復などが

期待されます。

 

 

γ―リノレン酸(肥満の予防、美肌効果、ダイエット、糖尿病の予防など)

月見草油、ボラージ油のごく一部の植物油にしか、含まれていないため

一般に市販されている植物油にγ―リノレン酸を含む植物油はほとんどありません。

 

ビタミンA、C、Eも豊富に入っているので美肌効果もあります。

 

この他にも私たちに不足しがちな9種類の良質な必須アミノ酸も全部入っていて、

さらにトランス脂肪酸がゼロという優れたオイルなのです。

 

 

さらに詳しくはこちらにどうぞ!

 

ココナッツオイルの栄養・成分とは

 

%e3%82%b3%e3%82%b3%e3%83%8a%e3%83%83%e3%83%84%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab

中鎖脂肪酸(脂肪になりにくく、分解されるスピードが早くエネルギーに変換されます。)

一般的に知られている長鎖脂肪酸は体の中で脂肪として蓄積するので、

肥満の原因になります。逆に中鎖脂肪酸の方は脂肪の燃焼をサポート

してくれる働きがあります。

 

ラウリン酸(赤ちゃんが飲んでいる母乳に含まれている成分)

高い抗酸化作用と抗菌力のあるラウリン酸は免疫力をアップさせ、

ウイルスや細菌から身を守る働きがあります。

 

こちらのオイルもトランス脂肪酸ゼロ、コレステロールゼロなので

体には非常にいいオイルになります。

 

ビタミンE(強い抗酸化作用と血液をサラサラにする効果などがあります)

 

 

まとめ

 

どちらも非常に体にとっていいオイルである事には違いありませんが

必須脂肪酸、必須アミノ酸がすべて入っているヘンプシードオイル

私のおススメですね。

 

どちらのオイルもそうなんですが、精製されているオイルは

栄養分や風味が落ちてしまっているし、モノによっては

粗悪な商品もあるので、できれば精製されていない最高品質の

エキストラバージンと書いてあるものを

選んだ方が安心です。